スタディ

【提言・スタディ】脱・温暖化その手法 第43回 ー電気自動車が普及したら発電所は足りるか

【提言・スタディ】脱・温暖化その手法 第43回 ー電気自動車が普及したら発電所は足りるか

温暖化の原因は、未だに19世紀の技術を使い続けている現代社会に問題があるという清水浩氏。清水氏はかつて慶應大学教授として、8輪のスーパー電気自動車セダン”Ellica”(エリーカ)などを開発した人…

【自動運転・スタディ】自動運転の「事故責任」は誰にある? 世界で多発する事故に見る安全性の行方とは

【自動運転・スタディ】自動運転の「事故責任」は誰にある? 世界で多発する事故に見る安全性の行方とは

現在話題となっている「自動運転」。一見、ユーザーにとって便利で安全そうに見えるが、実際は多くの衝突事故が発生している。まずは世界で起こっている事故件数を見ていこう。 米国運輸省道路交通安全局は2022年6月15日、自動運…

【話題・スタディ】取り締まり強化と言うけれど、守りたくても守れない「自転車運転ルール」のジレンマ

【話題・スタディ】取り締まり強化と言うけれど、守りたくても守れない「自転車運転ルール」のジレンマ

自転車の交通取り締まりが強化されてから、はや1か月が経過した。 今年10月31日からは「信号無視」「一時不停止」「車道の右側通行」「徐行せずに歩道通行」の4つの違反に対する取り締まりが厳格化され、刑事処分の対象となる「赤…

【スタディ・電池】EV人気が生み出す大問題 「使用済み電池」をどう処分するのか?

【スタディ・電池】EV人気が生み出す大問題 「使用済み電池」をどう処分するのか?

EVすなわち電気自動車を中心とした新しい交通システムの構築には、現時点でさまざまな課題が挙げられている。まずは車両そのものの円滑な生産と供給体制の確立。これは少し前まではほとんど問題にされていなかったが、ロシアとウクライ…

【話題・スタディ】もしも今、自動車が「100%EV」になったら…本当に便利で経済的な社会が訪れるのか?

【話題・スタディ】もしも今、自動車が「100%EV」になったら…本当に便利で経済的な社会が訪れるのか?

今年10月、フランスで、『電気自動車:皆が夢中になった! 』(Voiture électrique : ils sont devenus fous! 直訳なら「皆、気が狂ってしまった!」)というタイトルの本が出た。 著者…

【自動運転・スタディ】MaaSがなぜ必要なの? 2022年最新版

【自動運転・スタディ】MaaSがなぜ必要なの? 2022年最新版

人の移動を担う新たな概念・サービスとして定着しつつあるMaaS。その効果は、アプリ活用による利便性向上にとどまらず、地域が抱える交通課題の解決に寄与するものとして注目を集めている。 MaaSがどのように交通課題を解決して…

【スタディ・電池】蓄電池とは? 仕組みやメリット、太陽光発電との連携について解説

【スタディ・電池】蓄電池とは? 仕組みやメリット、太陽光発電との連携について解説

「蓄電池」とは、その名が示す通り電気を蓄えられる電池のことです。リモコンやラジオなどの小型電気製品でよく使う一般的な乾電池は、放電が終わったら使えなくなるタイプの電池で「一次電池」と呼ばれます。それに対して蓄電池は、放電…

【自動運転・スタディ】自動運転、レベル4とレベル5の違いは? 2022年最新版

【自動運転・スタディ】自動運転、レベル4とレベル5の違いは? 2022年最新版

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められており、各地の実証も新たなフェーズを迎えつつある。現状、「自動運転=レベル4」のイメージが…

【スタディ】MaaSの基礎知識1 – ものづくり&まちづくり

【スタディ】MaaSの基礎知識1 – ものづくり&まちづくり

MaaS(マース)は北ヨーロッパで始まり、日本では2019年ごろから急速に知られるようになりました。しかし、単なるアプリ開発の一種という理解から、自動運転の普及のためのツールという理解まで、非常に不正確な理解がまん延して…