2020年10月30日

【施策・海外】文大統領 「電気自動車や水素自動車に20兆ウォン以上投資」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、2025年までに電気自動車や水素燃料電池自動車などグリーンモビリティに20兆ウォン以上を投じる方針を明らかにしました。文大統領は30日、未来型自動車を生産する現代自動車の蔚山(ウル…

2020年10月30日

【提言・自動運転】自動運転の時代を切り拓くのは、タクシーやバスではない理由

【提言・自動運転】自動運転の時代を切り拓くのは、タクシーやバスではない理由

未来は、アマゾンの動きの断片から読み取ることができる――そんな画期的な未来予測本が誕生した。アップルやグーグルをブランド評価で上回り、文字通り世界一のテクノロジー企業となったアマゾン。同社は巨大だというばかりではない。同…

2020年10月29日

【自動運転・海外】郵便物、差し出しから配達まで…韓国で世界初の自動運転の無人郵便局登場

【自動運転・海外】郵便物、差し出しから配達まで…韓国で世界初の自動運転の無人郵便局登場

運転者なしで自走する自動運転車が郵便物と宅配貨物を配達し、引き受けも行う。スマートフォンのアプリを使い、到着時間を通知するため、事前に外に出て待つ必要はない。郵便物を配達後は決められたスケジュールに従い、自分で次の場所に…

2020年10月29日

【話題・海外】急速にEV(電気自動車)化が進むインド~モディ政権のEV推進で3輪、2輪が先行

【話題・海外】急速にEV(電気自動車)化が進むインド~モディ政権のEV推進で3輪、2輪が先行

インド・モディ政権は、貿易赤字解消のための石油の輸入減や大気汚染の解決などを目的に、電気自動車(EV)推進政策を実施。インドの自動車(4輪)市場は、中国、米国、日本に続く世界第5位(2019年)の規模を誇り、政府はEV普…

2020年10月29日

【市場】ゴルフカートと近所の電気自動車(NEV)市場は新たな成長ストーリーを設定するかもしれません …

調査報告書は、基準年2020年の世界ゴルフカートと近所の電気自動車(NEV)市場の規模と2020年から2027年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメントは、グローバルおよびローカル市場向けに提供されて…

2020年10月28日

【話題・自動運転】米中で熾烈な開発競争となっている『自動運転』

【話題・自動運転】米中で熾烈な開発競争となっている『自動運転』

米中対立は今やメディアで取り上げられない日がないくらいに激化しています。このところ米側のハイテク分野での対中強硬姿勢が目立っていますが、これは中国の技術開発の早さに対する米側の警戒心の表れだと考えられます。本稿では、中国…

2020年10月28日

【話題・自動運転】テスラが「自動運転」ソフト発表 ~ 連邦当局は注視

電気自動車(EV)メーカーのテスラはこのほど、車載ソフトウェアの新バージョン「フル・セルフドライビング(Full Self Driving)」を発表した。試験版で対象者は限定されているが、「完全自動運転」を思わせる名称は…

2020年10月28日

【話題・超小型EV】「超小型EV」は高齢化社会をも救う! 日本の社会を変える可能性を帯びた「知られざる」実力とは

超小型モビリティはこれまでコンセプトカーのような扱いで、市街地などでの実証実験は行われてきたが、具体的な製品や市場導入の話が進まなかった。しかし、来年(2021年)以降、現実味を帯びてくるかもしれない。後押しとなるのは、…

2020年10月27日

【話題・自動運転】フォードが第四世代の自動運転車を公開 米国内で試験導入進める

【話題・自動運転】フォードが第四世代の自動運転車を公開 米国内で試験導入進める

アルゴAI(Argo AI)は、アメリカを拠点としている自動運転のスタートアップ企業。フォード、フォルクスワーゲンと個別にパートナーシップを結んでいる。フォードとの間でこれまでに三つの自動運転テスト車を開発・公開した。今…

2020年10月26日

【話題・海外】電動トラック「リヴィアン(Rivian)」が挑むテスラとの戦い、なぜアマゾンも出資?

【話題・海外】電動トラック「リヴィアン(Rivian)」が挑むテスラとの戦い、なぜアマゾンも出資?

ピックアップトラックやSUVの分野で電気自動車開発を手掛ける米国のスタートアップ企業「リヴィアン(Rivian)」が大きな注目を集めている。富裕層による利用を想定した「ラグジュアリートラック」として、環境性能や自動運転技…