2022.09.24

【市場】9割が「EVは高い」と回答、でも5割は「EVが欲しい」 ナイル調べ

自動車メーカー各社が次々とEVを発表し、注目を集めているが、日本のEV普及率は世界各国に比べ低いと言われている。ユーザーはEVに対してどのようなイメージを抱いているのか。今回、EVについてどのようなイメージを抱いているの…

2022.09.24

【話題・自動運転】早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いない…

2022.09.24

【自動運転・海外】韓国、自動運転レベル4の商用化期限「2027年」と設定

韓国政府はこのほど、2027年までに「自動運転レベル4」の自動運転車を商用化し、自動運転機能を備えた新車の普及率を2035年に50%以上にする計画を発表した。韓国の日刊紙ハンギョレが報じた。レベル4の商用化期限を政府自ら…

2022.09.23

【話題・自動運転】自動運転と駐車(2022年最新版) 技術や業界動向は?

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用…

2022.09.23

【話題・自動運転】ヤマハ発動機がコンセプトモデルの「果樹園作業支援自動走行車」を出展

ヤマハ発動機は、2022年10月12日(水)~14日(金)に千葉県・幕張メッセで開催される「第12回 農業Week」に出展すると明らかにしました。「農業Week」は、日本最大規模の農業・畜産の総合展で、全国の農業法人や農…

もっと見る

こうなる! EVみらい

2022.09.24

MaaSはフィンランドだからできて、日本ではなぜ困難なのか

MaaS(マース)とは、「MaaSの基礎知識1(Tech Note)」によると、「車両ではなく、移動のしやすさと理解した方が適切。すなわち、さまざまな交通手段の中から移動手段を選び、場合によってはそれらを組み合わせて一つ…

2022.07.22

「車路協同」!? 中国には出来ても日本では無理だろう

おそらくだが自動運転の普及に熱心な二大大国といったら、アメリカと中国だろう。その取り組み方の方向性に大きな違いが出てきそうだ。Wisdomの「方向転換する中国の自動運転クルマ単体から道路、社会と一体化した車路協同へ」に詳…

2022.07.20

自動運転は「安全で便利な道路」作りのきっかけになるのか

自動運転と東京(2022年最新版) | 自動運転ラボ (jidounten-lab.com)によると、東京都は自動運転関連企業などの協力を得て「都市づくりのグランドデザイン」の本格導入に向けた検討に2016年から入ってい…

2021.12.04

50万円のEV、「できるわけない」から「やるしかない」でしょっ!

上汽通用五菱(ウーリン)が発売した約50万円の小型電気自動車「宏光MINI EV(ホングワンミニ EV)」の快進撃が止まらないそうだ。中国の話しだからといって他人事にしていい話しではない。 ひと昔前と違って、今や中国労働…

AD

[ads-02]