2020年1月31日

【提言・自動運転・告知】ドライバーレスの衝撃自動運転車が社会を支配する

【提言・自動運転・告知】ドライバーレスの衝撃自動運転車が社会を支配する

全米トップの交通専門家である著者は、自動運転車が普及した社会では、交通インフラは様変わりするという。運転ミスがない自動運転車が走行する道路は道幅を狭くでき、駐車スペースも大幅に縮小できる。これにより生まれるスペースは有効…

2020年1月31日

【話題】グリーン・ライ(環境問題の嘘)をつくのは誰だ

グリーン・ライとは、「環境に優しいことを売り物にしているが、実態は違う」ことを示した言葉だ。この映画では、熱帯雨林を破壊して栽培された油ヤシプランテーションを始めとして、海底油田事故の後始末や発電用石炭の採掘、アマゾンで…

2020年1月30日

【提言・自動運転】いよいよビジネスが始まる自動運転車、消費者が買いたくなるクルマとは何か

自家用車の購入に際して、これまでクルマ選びの決定権はドライバーにあった。ドライバーが、どう使いたいのか、どのような走りを求めているのか、周囲からどのように見られたいかで、購入するクルマを決めていた。自動車メーカー各社は、…

2020年1月30日

【話題・自動運転】トランジットの「隙間ツアー」、自動運転車ならいつでも出発可!

海外旅行へいったとき、トランジット(乗り継ぎ)の待ち時間は退屈なもの。そんな人のためにトランジット用の観光バスツアーが用意されている空港もあるが、乗った飛行機がそのツアーの出発時刻に合うように必ず到着するわけでもない。例…

2020年1月30日

【告知・インフラ・市場】「電気自動車(EV)向けワイヤレス充電の世界市場:充電システム別、コンポーネント別2027年予測

電気自動車(EV)向けワイヤレス充電の世界市場は今後本格的な市場化が予測され、その世界市場規模は2020年の1600万ドルから2027年には2億3400万ドルに増加するとレポートでは分析しています。当レポートでは、202…

2020年1月30日

【話題・地方自治・自動運転】自動運転バスが茨城県の公道で4月から実用化へ。運賃は無料!

【話題・地方自治・自動運転】自動運転バスが茨城県の公道で4月から実用化へ。運賃は無料!

茨城県境町は、自動運転バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を町内の医療施設や郵便局、学校、銀行などをつなぐルートにおいて定時・定路線で2020年4月から運行すると発表した。運賃は無料となる予定だ。茨城県境町は1…

2020年1月30日

【企業・自動運転】自動運転車のWaymoが小荷物配送でUPSと提携

【企業・自動運転】自動運転車のWaymoが小荷物配送でUPSと提携

Waymo(ウェイモ)は、自動運転ミニバンのクライスラー・パシフィカを使用して、米国アリゾナ州フェニックスでUPSの小荷物配達を開始する。これは、配送流通会社のUPSと結んでいる幅広い提携の一環だ。米国時間1月29日に両…

2020年1月29日

【提言・自動運転】自動車事故も交通渋滞も減少!?なぜ今、自動運転が注目されるのか

【提言・自動運転】自動車事故も交通渋滞も減少!?なぜ今、自動運転が注目されるのか

1月上旬、ラスベガスで恒例の「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が開かれました。世界最大の技術見本市での注目ポイントは、ここ数年、モビリティ、特に自動運転です。日本でも、自動運転関連の話題が新聞に掲載さ…

2020年1月29日

【提言】ソニーの電気自動車はテレビを変えた“Apple TV”になるか。財務分析で深読みする自動車業界の未来

【提言】ソニーの電気自動車はテレビを変えた“Apple TV”になるか。財務分析で深読みする自動車業界の未来

前回は、「ROE」や「財務レバレッジ」「総資産回転率」「売上高当期純利益率」という指標を使って、トヨタ、日産、ホンダの「やりくり上手」度合いと、経営の仕方にどんな個性があるのかを分析してきました。その結果、「ROE」とい…