次世代モビリティ

【話題・次世代モビリティ】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

【話題・次世代モビリティ】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

エス・バード(飯田市座光寺)を管理運営する南信州・飯田産業センターと、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)を管理運営する福島イノベーション・コースト構想推進機構が1日、次世代空モビリティーの産業発展に向けた連携…

【話題・次世代モビリティ】モビリティの課題は? 2022年最新版

【話題・次世代モビリティ】モビリティの課題は? 2022年最新版

自動運転や空飛ぶクルマなどの次世代モビリティが、まもなく本格的な社会実装期を迎えようとしている。バスやタクシー、自家用車といった既存モビリティをはじめとする交通社会が、変革の時を迎えているのだ。新たなモビリティの導入には…

【施策・次世代モビリティ】海外輸出、「原発」から「交通ソフトインフラ」の時代に

【施策・次世代モビリティ】海外輸出、「原発」から「交通ソフトインフラ」の時代に

MaaSやAIオンデマンド交通をはじめとした交通ソフトインフラの海外展開に向け、国が大きく動き出したようだ。日本国内をはじめ世界各国でCASEやMaaSの潮流が加速しており、各国の技術は徐々に国境を越え始めている。日本も…

【話題・次世代モビリティ】大成建設と岡崎市が「魅力的なまちづくり推進のための包括連携協定」を締結

【話題・次世代モビリティ】大成建設と岡崎市が「魅力的なまちづくり推進のための包括連携協定」を締結

大成建設株式会社(社長:相川善郎)と 岡崎市 (市長:中根康浩)は、「魅力的なまちづくりの推進(利便性向上)」及び「もっと歩きたくなるまちウォーカブルシティの構築(回遊性向上)」などの実現を目指し、新しい地方創生に係る包…

【話題・次世代モビリティ】公道はますます危険地帯に? アシスト自転車と見分けが付かない「フル電動 …

【話題・次世代モビリティ】公道はますます危険地帯に? アシスト自転車と見分けが付かない「フル電動 …

電動モビリティ関連の話題では、電動キックボードが矢面に立つ場面が多い。しかしながら、その陰には「フル電動自転車」の存在が見え隠れする。これまでは、フル電動自転車も原付として扱われていたが、道交法の改正によって免許なしで乗…

【話題・次世代モビリティ】ピニンファリーナ Vmoto Soco 次世代電動コンセプトモデルを公開

【話題・次世代モビリティ】ピニンファリーナ Vmoto Soco 次世代電動コンセプトモデルを公開

Vmoto Socoグループとピニンファリーナは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で次世代の電動コンセプトモデルを公開しました。オーストラリア…

【次世代モビリティ・未来】未来のクルマはどこへ向かおうとしているのか?

【次世代モビリティ・未来】未来のクルマはどこへ向かおうとしているのか?

自動車メーカーの未来を知りたければ、デザイナーに聞くしかない。その答えは理解困難な論文?そんなことはない。デザイナーには強みがある。彼らは頭の中で物事を考え、形にすることができる。そして、少なくとも紙の上では、それが現実…

【話題・次世代モビリティ】ホンダが実用化へ、独自AI活用「超小型モビリティー」の機能

【話題・次世代モビリティ】ホンダが実用化へ、独自AI活用「超小型モビリティー」の機能

ホンダは2日、研究開発子会社の本田技術研究所が人工知能(AI)を活用した超小型モビリティーの実証実験を茨城県常総市内で始めたと発表した。超小型モビリティーの市場拡大が見込まれる中、ホンダは独自開発した協調型AI「ホンダC…

【話題・次世代モビリティ】BENTELERが未来の自動運転モビリティーの新しいブランドのHOLONを設立

【話題・次世代モビリティ】BENTELERが未来の自動運転モビリティーの新しいブランドのHOLONを設立

BENTELERは、新しいブランドHOLONを設立することによって、自動運転モビリティーにおけるグローバル企業になるという大きな目標を明確にした。この結果、2021年末にスピンオフしたBENTELER EV System…

【話題・次世代モビリティ】BOLDLY、自動運転シャトル設計・製造のAuve Tech社と協業

【話題・次世代モビリティ】BOLDLY、自動運転シャトル設計・製造のAuve Tech社と協業

BOLDLYは、自動運転などを活用した持続可能な公共交通の実現に向けて取り組んでいる。これまでに国内外で合計120回以上の実証実験を実施しており、日本において2カ所で自動運転バスの実用化を達成した。また、同社開発の運行管…