【話題・超小型EV・自動運転】5Gを活用した超小型モビリティの遠隔操作、けいはんな学研都市で実験

5Gを活株式会社テムザック(以下、テムザック)は、オムロンソーシアルソリューションズ株式会社、株式会社NTTドコモとともに、第5世代移動通信システム(5G)を利用した超小型モビリティ「RODEM(ロデム)」の遠隔操作実験を、2月17日に京都府のけいはんな学研都市で実施。テムザックがその概要について、3月18日に発表を行った。今回の実証は5Gの高速大容量・低遅延といった特徴を生かし、モビリティの遠隔操作における有用性を検証。モビリティの前後左右に取り付けたカメラからリアルタイム映像を送信し、遅延時間の計測や操作性のテストなどを実施した(図参照)。

5Gを活用した超小型モビリティの遠隔操作、けいはんな学研都市で実験(LIGARE)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>