【震災復興・自動運転】<自動運転>福島・浪江で公道試験 復興へ実用化探る

自動運転車による公道走行の実証試験が3日、福島県浪江町の中心部で始まった。公道での試験は県内で初めてで、地元企業が走行データを蓄積。東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部で解除された同町で、将来的な公共交通の実用化につなげる。ミニバン型車両に全方位レーザーやカメラ、車両制御、地図データソフトを搭載。3次元化して解析する。初日はJR浪江駅-町役場駐車場間(1.1キロ)を最高時速30キロで自動運転。片道2~3分を数往復した。

<自動運転>福島・浪江で公道試験 復興へ実用化探る(河北新報)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>