【提言】【高齢者ドライバーの限定免許制度改正間近】進まない免許返納の問題点と打開策

高齢者ドライバーの事故が相次いているのを受けて、2019年12月19日、75歳以上の高齢ドライバーの免許制度改正案について、警察庁による有識者会議が開かれた。その結果、2022年度をめどにサポカーに限定した運転免許の創設することなどが発表された。これを受けて警察庁は、2020年1月20日から始まる通常国会で、高齢ドライバーの免許制度改正案を提出し、可決される見込みとなっている。さて、どんな免許制度になるのか? その免許制度によって高齢者ドライバーによる事故は減るのか? そして、地方でなかなか進まない高齢者の免許返納について打開策はあるのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

【高齢者ドライバーの限定免許制度改正間近】進まない免許返納の問題点と打開策(ベストカーWeb)

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>