【話題・自動運転】相鉄バス、国内初・大型バス営業運行中の自動運転実証実験を実施へ

相鉄グループの相鉄バスと群馬大学は、国内初という大型バスによる営業運行での自動運転を9月14日から開始すると発表した。実証実験として、10月14日までの各週金曜日から月曜日に実施する。実証実験は横浜市で開催する「里山ガーデンフェスタ2019秋」に合わせて実施。相鉄バスがフェスタ実行委員会から受託した来場者向け無料バスにて、限定的な自動運転を行う。自動運転のレベルは、システムが前後(アクセルやブレーキ)・左右(ハンドル操作)の両方の車両制御について監視・対応を行う「部分運転自動化」に相当する「レベル2」。専門の教育を受けた運転士が運転席に乗り、安全確保を最優先にしつつ自動運転を行う。安全確保に支障を及ぼす恐れがある際は手動運転に切り替える。運行速度はおよそ20km/h。

相鉄バス、国内初・大型バス営業運行中の自動運転実証実験を実施へ(マイナビニュース)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>