【企業・自動運転】ヴァレオ、電動化、自動運転、コネクティビティという明日のモビリティに向けた最新イノベーション

ヴァレオは、さまざまなモビリティのニーズとユースに対応する電動化ソリューションの一例として、48Vの都市向けフルEVの試作車を出展します。この車両は、完全に実用レベルの2シーターのEVで、最高時速100km/h、航続距離は150kmです。どの電源ソケットからも充電可能であり、これからの都市におけるモビリティに最適な、廉価でコンパクトな車はかくあるべきだというアイディアを呈示しています。また、ヴァレオは上海モーターショーで初めてリバーシブルチャージャーを搭載してパワーグリッドと車を接続する画期的なテクノロジーを公開します。このシステムにより、余剰電力を電力網に戻すことができます。

上海モーターショー2019: ヴァレオ、電動化、自動運転、コネクティビティという明日のモビリティに向けた最新イノベーションを披露(ヴァレオグループ)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>