【提言・自動運転】レベル5の自動運転よりも現実的? “車内運転支援”

「Anytime, anyplace, anywhere!(いつでもどこでも!)」。Martini(イタリアの酒類製造会社)は、1980年代に制作したCMで、このキャッチフレーズを使用した。自動運転車技術業界も、すぐにキャッチフレーズとして「いつでもどこでも」を採用した。同業界ではここ数年の間、「2020年までには、大量市場向けの自動車でレベル4、レベル5の自動運転を実現することができる」と主張するなど、かなり楽観的な見方をしている。Uberが米国アリゾナ州テンペで自動運転車の走行試験を実施した際に発生した衝突事故で、Elaine Herzberg氏が死亡した他、Teslaのオートパイロット機能の誤用を原因とする事故でも、死者の数が増え続けている。この中に共通する1つの事実は、「現実世界の状況の中で、人間のドライバーを機械のドライバーに置き換えることは、極めて難しいということが実証された」ということだ。

レベル5の自動運転よりも現実的? “車内運転支援”(EE Times)

 

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>