【未来・カルチャー・自動運転】自動運転はいつ実現されるか?その時に考えなければいけないこと

自動車の自動走行について議論になりやすいのは、そのレベル(程度)だ。例えばレベル1は速度管理や車間制御が可能な程度だとする。レベル2では、いくつかのセンサーによって前の車がスピードを落としたら減速を試みたり、特定のレーンに沿って走るということができる。だがまだ両手はハンドルを握っていなければならない。レベル3では自分の代わりに自動運転システムに運転させることができるが、運転席に座る人は常に運転を替われるようにしておかなければならない。レベル4になると、ある種の状況下では完全に運転を自動化することができるが、場合によっては自動化できないこともある。そしてレベル5になると『運転手』は完全に不必要となり、従ってハンドルも不要になる。

自動運転はいつ実現されるか?その時に考えなければいけないこと(メルミライ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>