【超小型EV・インプレ】速度出ないが小回り抜群 トヨタ超小型EVに乗ってみた

トヨタ自動車は昨年末に、超小型電気自動車(EV)「C+pod(シーポッド)」を発売した。1回満充電すると、航続距離は150キロ。意外に短い。トヨタが、短距離の移動と駐車を繰り返すような利用を想定しているからだ。超小型EVは、「ちょい乗り」の車として定着するのか。記者が試乗してみた。シーポッドは、長さ約2.5メートル、幅約1.3メートル、高さ約1.6メートル。大人2人が並んで座れる。軽自動車の一種の「超小型モビリティ」に分類。最高時速は60キロで、高速道路は走れない。リチウムイオン電池を搭載し、一般家庭の電源にケーブルを差し込んで充電できる。充電時間は、一般的な100ボルトの電源で約16時間かかる。

速度出ないが小回り抜群 トヨタ超小型EVに乗ってみた(朝日新聞デジタル)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>