【自動運転・海外】中国自動運転「レベル4」普及に黄信号

中国で、特定の条件下で自動運転を実現する「レベル4」の普及に黄信号がともっている。運行規制やコスト面の壁が立ちはだかり、事実上の政府目標の達成は不透明感が増している。収益化が難航する中で関連投資は急減。文遠知行(ウィーライド)など自動運転タクシーを手がける新興企業は、戦略転換を迫られている。

「システム改良を重ね、運転が滑らかになった」。中国南部、広東省広州市郊外の南沙区。オフィスや工場が集まる…

中国自動運転「レベル4」普及に黄信号(日本経済新聞)

 

Tagged on: ,