【自動運転・海外】中国のモビリティ革命、「EV+自動運転」の現在地=DiDi、ファーウェイの取り組み

今回はBAT以外の注目有力企業、配車アプリ最大手・滴滴出行(DiDi)、通信機器最大手・ファーウェイの自動車事業を見ていこう。EV+自動運転への取り組みはどこまで進み、自動車生産に対してどのようなスタンスを取っているのだろうか。滴滴出行は中国最大のモビリティサービス企業で、配車サービス、シェアサイクル、貨物輸送、金融サービスに加え、自動運転の研究開発を手がけている。滴滴はメーカー以上に自動車産業と密接だと指摘しているメディアもある。数多くの自動車メーカー、AI企業、部品サプライヤーと提携し、いずれも重要なパートナーだ。滴滴は否定しているが、「造車の途(自動車製造への進出)」は公然の秘密とされていた。

中国のモビリティ革命、「EV+自動運転」の現在地=DiDi、ファーウェイの取り組み(Record China)

 

Tagged on: ,