【自動運転・海外】雪や雨に強い、フィンランド発「全天候型」自動運転ソフトウェア

2017年に創業したSensible 4は、スタートアップでありながら、自動運転やロボティクス業界での経歴が15年を超えるベテラン勢がそろう期待の企業。お話をうかがったユシさんは、ロボティクス業界で30年の経歴を持つというから驚きだ。同社では車体は扱わず、強みとする自動運転技術の開発にフォーカス。トヨタをはじめとした自動車メーカーとタッグを組み、自動運転技術を搭載した車両を開発、欧州内での実証実験を進めている。中でも得意とするのは、ラストワンマイルでの運用に向けたシャトルバス用の自動運転技術だ。Sensible 4の実験でもっとも長期にわたったのは、2021年の1年間にわたってノルウェーで実施された、トヨタ製プロエースを使ったプロジェクト。写真を見る限り、一般的な自動車のように見えるが、最大6人を収容するミニバスとしての運用を想定している。

雪や雨に強い、フィンランド発「全天候型」自動運転ソフトウェア–良品計画ともコラボする …(CNET Japan)

 

Tagged on: ,