【話題・自動運転】農家に超朗報!収穫用コンテナが人に追従、AIと自動運転技術で実現

農業で手作業で収穫をする際には当然だが、収穫した野菜を入れるコンテナなども一緒に運ぶ必要がある。このコンテナを運ぶ作業は結構な手間だ。しかしこの手間が自動運転技術によって近い将来なくなるかもしれない。ロボット開発企業の株式会社アトラックラボ(本社:埼玉県三芳町/代表取締役:伊豆智幸)は2020年11月17日までに、佐賀大学などと共同で、AI(人工知能)活用型の人追従型収穫物搬送ロボットを開発したことを発表した。今回開発したロボットは、カメラのみで人に追従することが可能な低価格の収穫サポートロボット車だ。コンテナを載せながら追従することで、コンテナを運ぶ手間を無くす。報道発表によれば、ロボット車に装着したカメラ映像からAIが人との距離を計算し、距離に応じて走行と停止を繰り返しながら自動運転で追従が可能だという。

農家に超朗報!収穫用コンテナが人に追従、AIと自動運転技術で実現(自動運転ラボ)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>