【企業・自動運転】米GM「人間の能力を超える」自動運転車の完成が、わずか2年で現実味を増した理由

完全自動運転車の開発は、今日最も困難な技術的課題のひとつだ。•自動運転車は、公道を走る他の車両や歩行者の挙動など、周囲で次々と起こる出来事にミリ秒単位で反応できる必要がある。•米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下で、評価額190億ドルの自動運転開発会社クルーズ(Cruise)は、車載人工知能(AI)のアルゴリズム精度を上げるため、「継続学習マシン(CLM)」を活用している。•200台の公道試験車両から集まってくる情報の多くは、典型的な運転行動に関するものばかりだが、実はその究極の狙いは「干し草の山にまぎれ込んだ針」ほどの通常想定しがたいケースにめぐり合うことだ。

米GM「人間の能力を超える」自動運転車の完成が、わずか2年で現実味を増した理由(BUSINESS INSIDER JAPAN)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>