【自動運転・未来】自動運転で人やモノを運ぶ未来のアーバンモビリティドイツ航空宇宙センターのコンセプトカー

ドイツ航空宇宙センター(DLR)は、未来のアーバンモビリティとロジスティクに向けた斬新なデザインのコンセプトカー「U-shift」を公開した。この「U-shift」は、オンデマンドのシャトルバスや、ハイテクのシェアリングバス、商品・小包の配送センター、移動式の販売車両など、幅広い用途をもつ新しいモビリティである。その特徴はモジュール設計で、パワートレインを搭載したシャーシ部分と、人や荷物を運ぶカプセル部分で構成。このドライブユニットは「U字型」をしており、そこには電気式の自動運転ができるコンポーネントとシステムが組み込まれている。コストパフォーマンスを最大限にするために、必要な場合には24時間の稼働ができるほか、カプセル式にすることで製造コストも抑えることができるという。現在公開されているのはプロトタイプの第1弾だそうで、サイズは大型のバンと同じぐらい。ドライブユニットは今のところ遠隔操作のみだが、将来的には完全自動運転を目指している。

自動運転で人やモノを運ぶ未来のアーバンモビリティドイツ航空宇宙センターのコンセプトカー …(AXIS)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>