【話題・自動運転】インフラ側からバスの安全支援 みちのりHDら、自動運転も見すえ検証

みちのりホールディングス、会津バス、コイト電工は、福島県会津若松市で6月1日から6月7日までの間、バス運転士を対象に「バス出庫安全支援システム」の実証実験を実施。その検証結果を発表した。同システムは、会津バスターミナルのバス出庫口に設置したセンサによって、運転士から見えにくい接近する歩行者・自転車を検知し、バス運転士への注意喚起表示を行うもの。実証実験を通じ、歩行者の検知精度や表示タイミング、表示方法等の検証を行った結果、有効性が確認されたという。今回検証した「バス出庫安全支援システム」について、将来的には自動運転バスの安全性に貢献するものとして期待が掛かる。3社の発表によると、具体的には車載センサの死角から接近する歩行者等との衝突防止、急ブレーキによる車内転倒事故防止などへの貢献を見据えている。

インフラ側からバスの安全支援 みちのりHDら、自動運転も見すえ検証(LIGARE)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>