【自動運転・カルチャー】自動車ビッグデータの活用に取り組む「AECC」とは?

自動車のコネクテッド化が進む中、将来課題に対応するため日本企業を中心に結成された業界横断団体AECC(Automotive Edge Computing Consortium/オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム)の活動が活発化しているようだ。2020年5月には、データストレージ開発大手の米ウエスタンデジタルもメンバーに加わり、関連業種の厚みがいっそう増した。AECCとはどのような組織なのか。その活動内容に触れていく。

自動車ビッグデータの活用に取り組む「AECC」とは?(深掘り!自動運転×データ 第29回)(自動運転ラボ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>