【企業・自動運転】アマゾンの自動運転参入 自動車メーカーに真っ向勝負か

ジェフ・ベゾスの純資産は、新型コロナウィルス蔓延によって都市封鎖された世界で拡大したeコマース業界で、最大手Amazonの株価が同社史上最高となったのを受けて、先月5%跳ね上がった。同社は輸送業界に参入し、自動車メーカー、荷物配達会社、カーシェア会社と真っ向から競合することで、さらに自社の株価が高まり、市場での地位を強めようとしている。この目標を達成するためには、独自の輸送エコシステムを構築し電気自動車(EV)、自動運転車(AV)のスタートアップに投資することになる。それによって アマゾンは、現在パートナーであるUPS社などとの競争力をつけるまで輸送・配送コストを下げることもできる。

アマゾンの自動運転参入 自動車メーカーに真っ向勝負か(SlashGear Japan)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>