【施策・超小型EV】電動車両などを導入する事業者を支援—購入費の3分の1を補助 国交省

国土交通省は4月6日、環境対応車の普及を促進するため、電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティの導入費用を補助する「地域交通グリーン化事業」の公募を開始したと発表した。国土交通省では、環境に優しい電気バス、燃料電池タクシーなどの次世代自動車の導入補助を行う「地域交通グリーン化事業」を展開している。公募で認定を受けた場合には、車両導入費用の一部について補助を受けることができる。認定を希望する事業者を4月6日から4月22日まで募集する。電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシーの導入について補助を受けられる対象は事業用自動車に限定する。補助率は導入費用の3分の1で、電気バスは上限8000万円。電気自動車用充電設備の工事費については実額または上限額(作業箇所に応じて設定)。

電動車両などを導入する事業者を支援—購入費の3分の1を補助 国交省(レスポンス)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>