【話題・超小型EV】中国製超小型EV“ジャイアン”が地方自治体からも注目される理由とは

近い将来、日本でも庶民の足になるかもしれない超小型モビリティ。まだ日本では馴染みがないが、すでに普及している中国から日本へ上陸を果たした小さなEV(電気自動車)をご存知だろうか? 今回は、まだあまり知られていない中国製の小さなEVの実力と、注目されているワケを徹底解剖する! すでに中国や欧州でフツーに生活に浸透しつつある超小型モビリティだが、ご存知の通り日本ではまだまだ。日本メーカーよりも一足お先に中国のジャイアン社が手がけるMINI beが日本市場に上陸。同じモデルを中古車買取のアップルなども手がけているが、今回は群馬県に本社を置くヤマダトレーディングが手がけているモデルを紹介する。

中国製超小型EV“ジャイアン”が地方自治体からも注目される理由とは【未来モビリティ総研】(MOTA)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>