【超小型EV】自工会、CO2ゼロエミッションに挑戦 温暖化防止に向け長期ビジョン

日本自動車工業会は、地球温暖化対策についての長期ビジョンを策定した(3月31日発表)。2015年12月にCOP21で地球温暖化対策の国際枠組み(パリ協定)が採択され、温室効果ガス排出削減の取り組みが求められている。こうした中。自工会としては自動車が排出する温室効果ガスの大幅な削減を目指すことが必要と認識、地球温暖化対策の長期ビジョンとして自動車の技術や使い方のイノベーションによって、CO2ゼロエミッションにチャレンジすることにした。長期ビジョン達成のための行動として、電動化、特に電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池車の普及に向けて技術的な課題の対策を進める。低炭素につながる自動運転やシェアリング、MaaS、超小型モビリティ、V2G、町づくり(コンパクトシティなど)と、多様で最適なモビリティやシステムを検討・開発する。

自工会、CO2ゼロエミッションに挑戦 温暖化防止に向け長期ビジョン(レスポンス)

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>