【市場・超小型EV】2人乗り小型EVなど次世代モビリティ、規制緩和で市販化加速の見込み

いまだ馴染みのない電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティなどの次世代モビリティだが、原付バイクよりもパワーがあり軽自動車よりも小さく小回りがきき駐車スペースも狭いため新たな都市型車両として注目を浴びている。電動ミニカーについては2012年にトヨタがコムスのモデルチェンジによって市場を拡大したという経緯があるものの、その後これに続く目玉製品の投入もなく全般的普及には至っていない。12日、矢野経済研究所が次世代モビリティ市場の調査を実施し、国内市場概況、海外類似市場の概況、主要メーカーの事業戦略を明らかにしたレポートを公表している。

2人乗り小型EVなど次世代モビリティ、規制緩和で市販化加速の見込み(エコノミックニュース)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>