【スマートグリッド・自動運転】5Gを独自に活用するラスベガスのスマートシティ–目指すは「シリコンウェスト」

スマート信号機と自動運転シャトルバス、そしてスタートアップの街、ラスベガスへようこそ。ストリップ大通りとしても知られる、きらびやかなカジノが立ち並ぶエリアから少し離れたところに、ここよりもずっと平凡な印象の区域がある。ラスベガス大通りから自動車でわずか15分の距離だが、まるで別世界のように感じる。ここのダウンタウンは静かだ。ストリップ大通りは1月、CES 2020に押し寄せた20万人の来場者で賑わっていたが、ここの街路は寒くて人通りもない。とても未来の都市には見えなかった。そう思っていたところ、ここはスマート交差点だと誰かに言われたので上を見上げると、信号機に端末とカメラが接続されているのが目に入った。スマートシティの外観は、映画「ブレードランナー」に出てくるようなものではなく、こんな感じになるのかもしれない。つまり、今ある従来の都市と見た目はそんなに変わらず、違うのは、道路標識や屋根のあるバス停、携帯電話の基地局、建物など、考え得るあらゆるものからセンサーがぶら下がっているということだけだ。

5Gを独自に活用するラスベガスのスマートシティ–目指すは「シリコンウェスト」(CNET Japan)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>