【市場・自動運転】自動運転やカーシェアリングが普及すると自動車ブランドの重要度は低下する?

いつの日かやってくると言われる自動運転の時代。近い将来、自動運転バス・タクシーなどの自動走行ソリューションが手軽に利用できるようになった場合、カーユーザーたちの意識はどのように変化するのだろうか? アクセンチュアの最新調査によると、多くのドライバーが将来的に自動車の所有をやめる代わりに、自動運転バス・タクシーなどの自動走行ソリューションの利用を検討していることが明らかになった。アクセンチュアの最新調査「Mobility Services: The Customer Perspective(モビリティ・サービス:顧客の視点)」では、モビリティ・サービスの普及に伴い、自動車メーカーが現在および将来直面する主要課題について考察している。米国、欧州、中国の3地域(日本は除く)における7,000人の消費者(そのうち約85%が自動車を所有)を対象に実施した本調査により、自律走行技術の絶え間ない進歩によってMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)市場が急激に拡大し、モビリティ・サービス関連の収益が2030年までに約1兆2,000億ユーロ(約147兆円) に達する見込みであることが判明した。

自動運転やカーシェアリングが普及すると自動車ブランドの重要度は低下する?(@DIME)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>