【自動運転・インプレ】池袋サンシャインシティで自動運転バスに試乗

今回の実証実験は、クルマも歩行者も多い池袋サンシャインシティ周囲の公道をフィールドに、自動運転バスの導入における都市部特有の課題や社会受容性などを検証することが目的とされている。「都市部特有の課題」とは、多くの歩行者が横断歩道を渡っている交差点での左折や、路上に停車しているクルマがあるなどの状況のこと。このような状況下での自動運転バスの運用方法を検証するのが、実験の1つ目の狙い。また「社会受容性」は、自動運転バスに対して、周囲の自動車や歩行者などの反応(受け入れ方)だ。自動運転バスに道を譲るのか、車間を空けるのか、などを観察する。これが2つ目の狙いとなっている。それでは、サンシャインシティ周辺を、自動運転で走行するバスの様子を動画で見ていただこう。都市交通の中で、自動運転バスはどのようにふるまうのだろうか。

池袋サンシャインシティで自動運転バスに試乗(パークブログ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>