【話題・新技術】スマートフォンがクルマの鍵になる、車載超広帯域無線ICを発表

NXP Semiconductorsは2019年11月13日、スマートフォンを車の鍵として使える新しい車載超広帯域無線(UWB)IC「NCJ29D5」を発表した。UWBは、Wi-FiやBluetooth、GPSなど他の無線技術に比べて、高精度で安全なリアルタイム位置特定機能を特長とし、ハンズフリーのスマートアクセスやリモートパーキングなどさまざまな用途に対応する。UWB技術を搭載したモバイル機器やスマートデバイスは、空間的認知機能を持ち、ユーザーのいる場所を車に正確に知らせる。これにより、ユーザーはスマートフォンをポケットやバッグに入れたまま、ハンズフリーでドアの開閉、エンジン始動、リモートパーキングができるようになる。また、リレーアタックによる車の盗難も防止する。

スマートフォンがクルマの鍵になる、車載超広帯域無線ICを発表(@IT MONOist)

 

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>