【2019モーターショー】東京オリンピック・パラリンピックでの活躍に期待 トヨタが自動運転型EV「eパレット」を出展

トヨタ自動車は2019年10月9日、モビリティーサービス(MaaS)専用次世代電気自動車「e-Palette(eパレット)」の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様車」を、東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)に出展すると発表した。eパレットは、2018年1月にCES 2018(アメリカ・ラスベガス)で初披露された、自動運転型の次世代モビリティー。移動や物流、物販などさまざまなサービスにおいて人々の暮らしを支えることを想定し、開発が進められている。

東京オリンピック・パラリンピックでの活躍に期待 トヨタが自動運転型EV「eパレット」を出展【東京モーターショー2019】(webCG)

トヨタ、自動運転EVが五輪で初仕事 車内空間大きく(日本経済新聞)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>