【企業・自動運転】ボッシュの最新CASE戦略に迫る!eモビリティ、自動運転分野で新たな動き?

世界最大級の自動車部品サプライヤーのロバート・ボッシュ(本社:シュトゥットガルト/最高経営責任者兼取締役会会長:フォルクマル・デナー)は2019年9月、IAA2019(2019 International Motor Show/フランクフルトモーターショー)の記者会見の席でデナー会長が語った業績や戦略について発表した。事業に関する各種データをはじめ、未来のモビリティに向けた自動運転技術や電動化技術、シェアリングサービスなど、同社のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化)戦略の一端が垣間見える内容だ。今回は、デナー会長の発表をベースに同社のCASE各分野におけるそれぞれの取り組みを見ていこう。

ボッシュの最新CASE戦略に迫る!eモビリティ、自動運転分野で新たな動き?(自動運転LAB)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>