【告知・自動運転・未来】自動運転が変える道と施工の未来像

日経コンストラクションが1989年に創刊して30年の節目を迎えた2019年。9月23日号では、未来を展望する企画を掲げた2本の特集を用意しました。1本目の特集は「未来の道路」。その直球のタイトルからも分かるように、これからの道路像を探ってみました。未来の道路といっても、単純に舗装材料の高機能化、柱や梁、床版といった構造材料の高品質化、施工の省力化、維持管理の合理化といった従来の延長線上での将来像ではありません。道路の使い手である自動車や自転車をはじめとする移動手段、つまりモビリティー側の変革から道路の将来像を捉え直したのです。世界では、自動運転車の技術開発競争が激化しています。そして、その流れを受けて、道路インフラの改革を提案する動きが現れてきました。端的な例が、米グーグルの親会社であるアルファベットの傘下にあるサイドウォークが、カナダのトロントで進めようとしている都市開発です。

自動運転が変える道と施工の未来像(日経XTECH/日経コンストラクション)

 


Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>