【地方自治・自動運転】自動運転車実用化へ前進 高齢者の足確保へ

ハンドルやブレーキを操作しなくても走行できる自動運転車。岐阜県郡上市で実証実験が行われるなど、自動運転技術の実用化に向けた取り組みが県内で進んでいる。移動が困難な高齢者が増える一方、運転手不足で路線バスが縮小を余儀なくされるなど、少子高齢化社会の課題解決が求められる中、自動運転車の早期実用化に期待が高まっている。高齢化率が4割に迫る郡上市明宝地域。大きな商店や病院はなく、住民は自家用車で近くの町へ出掛ける。国や市が将来、住民の足として注目しているのが自動運転車だ。

自動運転車実用化へ前進 高齢者の足確保へ(岐阜新聞web)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>