【提言・自動運転】自動運転、変化への「備え」だけではグーグルに勝てない

自動運転の実力はどれぐらいまで上がってきているのでしょう。自動運転実験の先進地である米カリフォルニア州で昨年最も自動運転車を走らせたのはグーグルのグループ会社ウェイモ。11月末までの1年間で地球50周分となる約202万kmを走らせ、この間に人が運転に介入したのはわずか114回。割り算すると東京~カリフォルニア間の往復に相当する超ロングドライブで1回となります。「介入」だけで見ると近所に買い物に行く時にさえ同乗する家族に「危ない!」と注意されることのある私を超えています。ウェイモのブログを見て驚くのは進化の速さ。1000マイル(約1600km≒青森駅~博多駅)あたりの介入回数が2015年の0.64から18年は0.09にまで減っています。17年比でも半減していますから変化は劇的。得意のAIがフル回転で学習しているのでしょう。

自動運転、変化への「備え」だけではグーグルに勝てない(日経ビジネス)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>