【企業・超小型EV】トヨタの超小型EVは「オープン価格で販売」、電池活用まで事業を企画

トヨタ自動車は2019年6月7日、東京都内で会見を開き、電気自動車(EV)の普及戦略を説明した。超小型EVを活用した新たなビジネスモデルの構築や、さまざまなEVの低コストで効率的な開発とグローバル展開、電池の供給体制整備や電池の付加価値を最大限に生かすビジネスモデル構築などに取り組む。同社は2017年12月に電動車普及のロードマップを発表した。その中では、2020年からEVを本格展開すること、2025年ごろまでに全車種に電動グレードを設定することを盛り込んだ。また2030年にハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を450万台以上、EVと燃料電池車(FCV)を100万台以上販売する目標を掲げていた。2019年時点では、電動車全体の普及ペースは2030年の目標に対し5年程度先行しているという。

トヨタの超小型EVは「オープン価格で販売」、電池活用まで事業を企画(MONOist)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>