【提言・自動運転】免許返納だけでは避けられない! 高齢化の日本に自動運転車技術が必要なワケ

運転支援システムの開発が、世界の自動車メーカー間で競われている。目指すのは、事故ゼロへ向けた交通安全だ。その行く先には自動運転が視野にあり、Maas(モビリティ・アズ・ア・サービス)につながることが期待されている。自動運転化された共同利用の車両が、人や物を運ぶことでもたらされる新しい事業の創出だ。ところで現在実用化されている運転支援機能は、社会問題解決の糸口になろうとしている。一例は、高齢者による交通事故の抑制。一般的には、ペダル踏み間違いによる衝突事故を呼ばれるものを減少させること。そして政府は、「安全運転サポート車(通称サポカー)」の普及啓発を、官民一体で推進している。

免許返納だけでは避けられない! 高齢化の日本に自動運転車技術が必要なワケ(Auto Messe Web)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>