【話題】トヨタ、中国で自社ブランドEV 上海モーターショー

世界最大級の自動車展示会、上海国際自動車ショーが中国・上海市で16日、開幕した。トヨタ自動車は電気自動車(EV)のモデルとして、多目的スポーツ車(SUV)「C-HR」と同「イゾア」を発表した。2020年にまず中国市場で発売する。トヨタが中国で自社ブランドのEVを扱うのは初めてで、独フォルクスワーゲン(VW)など欧米メーカーを追う。トヨタの吉田守孝副社長は中国市場について「電動化、知能化、情報化で世界をリードしている」と話した。新たな2車種の価格や性能は今後発表する。トヨタは合弁会社、広汽トヨタ自動車から既にEV「ix4」を販売している。ただこの車種は、合弁先である中国・広州汽車の車をベースにしているうえ、同社ブランドとなっている。

トヨタ、中国で自社ブランドEV 上海モーターショー(日本経済新聞)

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>