【話題・自動運転】静岡県と東急、3次元地形データ活用で協定

静岡県と東京急行電鉄は15日、県内の地形や構造物などをバーチャル空間に3次元の点の集まりとして表す「3次元点群データ」を相互に利活用する協定を締結した。自動運転の実証実験や観光PR、インフラ維持管理の効率化などに役立てる狙い。自治体と民間がこうした協定を結ぶのは珍しく、注目を集めそうだ。「伊豆半島での自動運転、観光、街づくりに活用し、『世界の伊豆』として花開くと期待している」。県庁内で開いた協定締結式で、川勝平太知事はこう語った。一方、東急の高橋和夫社長は「空港や鉄道のインフラ管理で新しい省力化技術を開発している。3次元点群データの可能性を追求し、静岡の魅力づくりに取り組んでいきたい」と話した。

静岡県と東急、3次元地形データ活用で協定(日本経済新聞)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>