【話題】ヤマハ発動機、燃料電池搭載の電動小型低速車で公道実証 MaaSサービスでの活躍期待

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役社長:日髙祥博)は、燃料電池を搭載したプロトタイプ車両「YG-M FC」の実証実験を、石川県輪島市の公道上で2019年4月18日から行うことを発表した。今回の実証実験は、燃料電池車と水素ステーションの普及を推進する政府の計画に沿う形で実行される。燃料電池は電動化が進む自動運転車両の駆動方式としても開発が進んでいる。トヨタ自動車が2020年の東京五輪に合わせて、燃料電池で走る自動運転バスのデモを予定するなど注目度の高い技術の一つだ。ヤマハは今回の取り組みで「切れ目のない車両共同利用サービス」の実現を目標として掲げており、「YG-M FC」をラストワンマイルを補完するMaaSサービスに活用する考えのようだ。

ヤマハ発動機、燃料電池搭載の電動小型低速車で公道実証 MaaSサービスでの活躍期待(自動運転LAB)

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>