【提言・自動運転】「運転中のスマホOK」でも喜べない車業界の難題

自動運転の実用化が着実に近づいてきている――。政府は3月8日、道路交通法(道交法)と道路運送車両法の改正案を閣議決定した。ともに、現行法で想定していない自動運転への対応を進める。今国会で審議される。順調にいけば2020年前半に施行となる。文字どおり路上での交通ルールを定めた道交法は現行、運転者がつねにハンドルやブレーキなどを確実に操作できるように求めている。改正案では、自動運転の「レベル3」を念頭に、スマートフォンや携帯電話の操作などが可能になる。一般的に自動運転はその機能によってレベル0(自動機能なし)からレベル5(条件を設けない完全自動運転)に分類されている。レベル1と2はあくまで運転支援でしかなく、現在市販されている最高の機能でもレベル2にとどまる。レベル3とは、限定した条件下で緊急時など運転者がすぐ対応できることを条件に、システム側が責任を持つ。まさに自動運転の第一歩である。

「運転中のスマホOK」でも喜べない車業界の難題(東洋経済)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>