【話題・自動運転・海外】良品計画がヘルシンキで進める自動運転バス「GACHA」がいよいよ商業運転に向け始動

このプロジェクトについては本サイトでも以前紹介したが、今回は良品計画とフィンランドの自動運転車メーカー「Sensible 4」が共同開発する初の全天候型自動運転バス「GACHA(ガチャ)」が、2019年4月から乗客を乗せて実地走行を始めることが発表された。Sensible 4は、優れたポジショニング、ナビゲーションシステム、障害物検知機能など、どんな天候でも1年中自動ができる技術を提供し、良品計画は機能性と美しさを兼ね備え、最適なユーザーエクスペリエンスを提供できるデザインを開発。LIDARやレーダー、360度カメラ、高精度GPSなどを搭載。最高速度は時速40kmで、航続距離は100km、定員は座席あり10名・座席なし6名の計16名だ。身体の不自由な人のためのサポートシステムを採用し、外装にディスプレイを設けて周囲からの視認性も確保している。

良品計画がヘルシンキで進める自動運転バス「GACHA」がいよいよ商業運転に向け始動(AXIS)

 


Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>