【提言・インフラ】電気自動車の充電 今後「非接触型」が主流になるワケ

電力を非接触でEV(電気自動車)に給電する研究が進んでいる。その先には、走りながら必要な電力を得る「走行中給電」を見据える。架線から電力を給電する方式などの研究も進行中だ。EV(電気自動車)は充電技術の選択次第で将来性が大きく異なってくる。既定路線の「ケーブル充電」方式の場合、今後さまざまな矛盾が噴き出し、完全自動運転が本格化する2030年ころに行き場を失うという見方が強い。

電気自動車の充電 今後「非接触型」が主流になるワケ(日経ビジネス)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>