【新技術・インフラ】“つながる”EV用の充放電機、「仮想発電所」にも対応

椿本チエイン(大阪市)は、電気自動車(EV)の急速充電コネクターを通じて、EVと公共施設やビル、工場などの電力網を双方向につなぐ「V2X(Vehicle to Everything)」対応充放電装置「eLINK」をの新バージョンを発表した。バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)などにおける利用を想定し、機能拡充を図った。同社は2013年にeLINKを発表。停電時の非常用電源や平常時のピークカットに使うV2B「対応充放電装置として、公共施設を中心に活用されているという。今回の新型「eLINK」は、SiC双方向インバーターを採用し電力変換を高性能化。さらに、装置本体とタッチパネル画面のデザインを一新し、屋外での視認性や操作性向上を実現した。

“つながる”EV用の充放電機、「仮想発電所」にも対応(スマートジャパン)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>