【震災復興・自動運転】震災復興へ、次世代技術で挑む「自動運転・水素.5G」活用の動き本格化

東日本大震災の発生から11日で8年となる。被災地では、自動運転や水素社会、第5世代(5G)移動通信方式によるモノのインターネット(IoT)を復興に活用する動きが本格化している。働き手不足が深刻化する一方で、地域の活性化には新たな成長産業の創出が必要なためで、被災地の課題に次世代技術で挑む。岩手県陸前高田市のJR大船渡線竹駒駅。津波で線路が流出したため、地元の足を担うのがバス高速輸送システム(BRT)だ。ここで日本初となるBRTの自動運転実証実験が行われた。

震災復興へ、次世代技術で挑む 「自動運転・水素.5G」活用の動き本格化(IT media)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>