【話題・自動運転】激化する自動運転デリバリーサービス競争

日本でもウーバー・イーツのようなフードデリバリーが徐々に人気となっているが、こうしたビジネスの今後の発展を占う上で重要なのが自動運転の導入だ。米国ではすでに昨年から大手スーパー、ウォルマートが食料品のデリバリーに自動運転バンを実験的に導入し、今後も積極的に対象エリアを広げる予定があるという。米国でこうした自動運転のフードデリバリーバンを開発する会社は自動車メーカーを中心に増加している。フォードはウォルマート、ドミノピザなどと自動運転によるデリバリーサービスに関する提携契約を結んでいる。GMは今年に入りサンフランシスコのフードデリバリーサービス、ドアダッシュと提携し、トヨタはePaletteによる貨物デリバリーサービスを開発中だ。しかしこの分野には新興事業の参入も多い。Nuroという企業はアリゾナ州でスーパーマーケットチェーン、クローガーと提携して食品の自動運転デリバリーサービスに参入しているし、ウーバーも当然ながら同社の自動運転サービスを今後食品などのデリバリーに利用していくだろう。

激化する自動運転デリバリーサービス競争(WEDGE Infinity)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>