【話題・自動運転】エヌビディア、完全自動運転で80kmの公道走行に成功…技術はすべて市販品

エヌビディア(NVIDIA)は10月10日、米国カリフォルニア州の本社近くの高速道路において、完全自動運転のプロトタイプ車「BB8」が80kmのテスト走行を行うことに成功した、と発表した。この完全自動運転のプロトタイプ車には、エヌビディアのAIスーパーコンピュータ「DRIVE AGXペガサス」を搭載。高速道路の入口や出口、数多くの車線変更を完全に処理し、自動運転の未来に向けて大きな一歩を踏み出した、としている。DRIVE AGXペガサスをはじめ、完全自動運転のプロトタイプ車には、エヌビディアの市販テクノロジーを搭載。センサー、組み込みプラットフォーム、ソフトウェアなどはすべて、自動車メーカーなどの自動運転技術開発者が入手できる市販のシステムという。さらに、完全自動運転のプロトタイプ車には、「ドライブIX」を装備。ドライブIXが、赤外線カメラを使用して、自動運転システムを監視するエンジニアの視点や疲労度をモニターした。

エヌビディア、完全自動運転で80kmの公道走行に成功…技術はすべて市販品(レスポンス)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>