【自動運転・市場・海外】印、相乗り市場で世界一に 30年めど 自動運転など普及予想

インドは、2030年までに相乗りサービスなどの「シェアード・モビリティー(移動手段の共有)」で世界一の市場になる見通しだ。米銀モルガン・スタンレーがリポートで指摘した。同行は、電気自動車(EV)や自動運転車の普及拡大により、相乗り市場が成長すると予想している。現地紙タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。モルガン・スタンレーによれば、インドには世界有数のシェアード・モビリティー市場に発展するための条件がそろっている。人口の多さ、インターネットを使いこなせる若年層の多さ、実質所得の増加などだ。

印、相乗り市場で世界一に 30年めど 自動運転など普及予想(産経BIZ)

 


Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>