【未来・自動運転】自動運転の次は「空のライドシェア」、Uberが狙う交通革命

ライドシェアを身近にした配車サービス大手の米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)。さらなるサービス拡大に向けて、自動運転技術の開発に力を入れている。実はもう1つ、同社が次の事業の「柱」に育てようと注力している分野がある。それが、都市内や都市近郊の短距離移動に向けた「空のライドシェア」だ。空のライドシェアでは、その名の通り、航空機で空中を移動する。広範な土地の確保が難しい都市部でもサービスを行えるように、長い滑走路が不要で、ビルの屋上のような限られた場所でも離発着できる垂直離着陸機(VTOL機)を用いる。

自動運転の次は「空のライドシェア」、Uberが狙う交通革命(日経XTECH)

 


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>